• ariseandshinejapan

シリアへのサポート〜ジョージからの報告


先日献金を献げた、ジョージとアン師からシリア旅行の報告がきました。(画像は安全確保のため荒くしてあります)

本当に悲しい、信じられないようなことが起こっています。

引き続きジョージのミニストリーのために祈り支援していきましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

⬅️ 私(ジョージ)と妻とはシリアのダマスカスの友人を訪問しました。ダマスカスに来るのは今年だけでこれで3回目です。支援と慰め、そして霊的、精神的サポートをそこに住むクリスチャンに携えていくのが目的です。

今回の旅行では、地元の助けを得て、40の貧困世帯に1キロの肉と鶏1羽ずつ配布しました。多くの人々にとって、肉はとても手が出ない食物です。別の80世帯にはその月を生き延びることができるように、お金を配布しました。前回に知り合いになった家族達も訪問しました。困窮している彼らにお金を渡すことができただけでなく、彼らの信じられないような悲しい話に耳を傾け、彼らと祈り、励ます機会が与えられました。

➡️ この女性はザバダニさんといい、家族と一緒に故郷から攻撃を逃れてきました。彼女自身も3度もスナイパーに殺されそうになりました。彼女の23歳の息子は最近アレッポで殺されました。長男は突然行方不明になり、2年経った今も消息不明だそうです。この女性のために祈り、また支援物資を渡しました。

⬅️ この家族は、20才と22才の二人の息子をISISの処刑によって失いました。2年前に家族は捕えられ、公共の場に引きずり出されて、棄教しイスラム教に改心するようにと強要されました。お父さんは断固拒否しました。今、彼らが生きているのは奇跡だといいます。家族は9日間投獄された後、釈放されました。しかし息子達はそれ以来消息が分からなくなり、先月初めて処刑されていたことを動画で知りました。私たちは共に祈りの時を持ちました。母と娘は祈った後に気持ちが軽くなったといいました。

➡️ この家族はハサカから逃げてきて、非常に困窮した状態にあります。3人のティーンエイジの少女達は誘拐されました(テロリスト達は、クリスチャン女子であれば、どんなことをしても構わないと信じています)。2年半たった今も、彼女達がどうなったかはわかっていません。

⬅️ この家族はお父さんを爆撃で失いました。母親と息子2人はアパートを退去するように命じられていますが、他に行くところがありません。母親は病院の清掃員として働いていますが、彼女が稼ぐ月40ドルの給料が唯一の収入源です。彼らは、私たちの支援を心から喜んで受け取りました。

➡️ この家族は12㎡の小さな部屋に6人で住んでいます。賃料を払えないため立ち退くよう言われています。小さい娘は耳の手術が必要ですが、医療費が支払えません。17才の息子はトラウマに襲われ日常生活がまともにできないような状態です。長男だけが仕事をしているのですが、月の収入はわずか40ドルのみです。彼らも心から支援を喜びました。

食料配布の写真です。右側の女性は肉を食べるのは3年ぶりだと言いました。彼女は肉を食べられることに歓喜していました。

私たちとミニストリーのために祈り続けてください。人々とも良い信頼関係が築かれてきたので、次の旅行から祈りの集会を始めようと考えています。皆さんの祈りと経済の支援を心から感謝します。ニーズは非常に大きいです。支援してくださる方、シリア支援に関心のある方々がいましたら、是非紹介してくださいますようお願いします。

祝福がありますように。

ジョージとアン


0回の閲覧

Arise & Shine

アライズ & シャイン

宮城県仙台市泉区紫山3-1-4 グレープシティ A棟

(毎週土曜のみお借りしています。初穂礼拝は違う会場になることがあります。

スケジュールでご確認ください。)

なお、郵便物を送付される方は、紫山5-34-13までお願いします。

www.ariseandshinejapan.org    ariseandshinejapan@gmail.com

  • Wix Facebook page